税金滞納して差し押さえになったらとき家族の財産は?

税金を滞納していたら突然給与が差し押さえられることもあるのです。 住民税を給与引き落としにしていない場合は役所から届く通知書によって自分で支払うする必要があります。

通知書を確認することを忘れ支払いをしなければ給料が差し押さえれしまうのです。給与が差し押さえられますと銀行振込でしたら通帳に「サシオサエ」の文字が印字されているのに驚くことでしょう。

それもなんの通知や警告もなく突然差し押さえという事実に直面しますから驚きは計り知れないと思います。

もし税金を滞納してしまったとき滞納者の家族の財産が差し押さえられてしまうのか不安に思われたのでしたら最後までお読みいただきたいと思います。

税金の支払い義務は本人のみ

たとえ親やわが子の税金の滞納であったとしても、本人以外の名義の預金や給与が差し押さえられることはありません。

法律上滞納した税金を支払う義務があるのは本人のみです。差し押さえはまず本人の預金口座が差し押さえの対象になります。次は勤務先の給与が差し押さえの対象になります。

もし差し押さえを受けているような身内がいましたら、家族であったとしてもお金を貸すことはやめておきましょう。

身内からの借金や連帯保証人に断ることができなかったため、本人だけでなくその家族の人生までボロボロになってしまうケースがたくさんあるからです。

滞納した税金は分割納付の相談する

税金が滞納してしまったら今すぐ役所の納税課などの窓口に行って相談をしましょう。担当者と相談することで今後の支払額や支払方法について決めることができます。

役所としてもこのまま滞納されてしまうよりは少額でも回収できる方がメリットがあります。滞納が続きますと14.6%もの滞納金を払わなければいけませんから、少しずつでも払い続けるほうが滞納者にしてみてもメリットがあります。

本人が税金を払わないのであれば、最終的には差し押さえになってしまいます。財産を失うことになってしまいますので、そのことをきちんと説明してなるべく早く役所に相談行くように説得してください。

相談する際には、これから月々どれぐらいの支払いすることができるのか、現在の財政状況などを説明できるようにしておきましょう。

支払額には根拠がなきゃいけませんし、あまりにも少ない額ですと分割納付を認められず差し押さえとなってしまう可能性もあります。

たとえ本人以外に税金は支払い義務がないと言っても、相続できるはずだった財産が差し押さえられになってしまいますと、相続分のマイナスとなってしまいます。

今後の事も考えて、家族の税金の滞納だからといって放置しておくのではなく、払うべき税金を払って延滞金など余分な負担を増やさないようにしておくことが将来のための備えとなるのです。

家族のお金のトラブルに巻き込まれると解決には時間がかかってしまいものです。 だからこそ早期解決が必要となります。お金にルーズな性格は急には変えられません。だからこそあら本人任せではなく家族が対処しなければならないのです。

税金の納付は義務ですから義務を怠っているのであれば当然厳しい対応に出ます。債務整理したからといって税金が免除になることはありません。それだけ税金の支払いには厳しくなっているのです。

しかし、税金の分割納付は可能となっています。分割の方法を知らないために税金滞納しても放置している人が多いですか、それでは延滞金を増やすだけで事態がさらに悪化させてしまいます。

もし家族が延滞納付しているのであれば分割納付のことを教えて役所に相談に行くよう働きかけてください。

家族の税金延滞の問題を解決できることにお役に立てましたら嬉しいです。当サイトでは税金延滞のために差し押さえされてしまった時の対処法も紹介していますので、よろしければ参考にしてください。