住民税滞納のため差し押さえにあっても家族に迷惑を掛けない対処法

住民税を滞納することを甘く見てはいけません。滞納が続き督促を無視していれば財産を差し押さえられてしまいますし、そうなりますと家族にも多大な迷惑をかけることだってありえます。

住民税を滞納することは借金を支払いなくなったことと同じです。年利14.6パーセントの延滞金がかかりますか。利子が増え続けて借金が払えきれなくなってしまうと思えば、住民税を滞納することがどれだけヤバイことかお分かりいただけるのではないでしょうか。

住民税の滞納を放置していると差し押さえに

住民税を滞納したため差し押さえられますと、まず預金と給料が差し押さえられます。預金が差し押さえられますと滞納している住民税の金額が引き落とされてしまいます。

差し押さえは予告なく行われますので、ある日突然生活に必要なお金も引き落とせなくてなるということも起きてしまいます。

給料が差し押さえられますと働いている会社に給料を差し押さえてくださいという通知が届いてしまいます。会社はもちろんさ調整の通知を拒否することはできません。

差し押さえの通知が来たら会社が責任をもって住民税を振り込む義務があります。同時に会社は住民税を滞納していたことを分かってしまいますから、会社での信用が失うことになるでしょう。

税金を納めるということは社会常識です。それすらできていないのですから会社が信用できるわけがありません。会社における立場や出世にヒビでしまう可能性も間違いなく高いでしょう。

滞納した住民税を払えない時はいくつかのケースで対処法があります。

生活保護の受給を受けると住民税を払う義務がなくなります。ただし生活保護を受給する前に住民税を滞納していたのでしたら、滞納していた分の住民税は支払う必要があります。

住民税を滞納してる場合でも生活保護の受給は受けられますが、そのためには厳しい条件があります。不正受給が社会問題となっていますので、 簡単には生活保護の受給が認められません。

生活に困窮しており住民税の滞納分を支払えないなら、役所に申請することで支払いの猶予を認められることもあります。

ただし、こちらも条件があり災害や盗難にあったため困窮してしまった、病気や怪我のため働けない、事業で大きな損失を出した、事業を廃止または休止したなどの条件が該当する場合のみ支払いが猶予されます。

最も現実的な方法は分割納付です。 滞納した住民税を一括納付できないのであれば役所に相談してください。支払う意思があるならば、役所は支払い可能な範囲内で月々の支払いが続けられるよう対応してくれます。

分割納付が認められるまで何度か役所に足を運び、いくら払えるか証明するために預金口座や明細書を用意しなければならないですが、住民税の滞納を放置ておきますと延滞金も払わなければなりません。支払いの負担が増えるだけですので、出来る限り早く役所に相談するようにしてください。

説明しましたように住民税の滞納したら延滞金がかかりますので、なるべく早く完納できるならそうすべきです。延滞金は年利14.6パーセントもの通りですので、支払いが遅れれば遅れるほど負担が大きくなってしまいます。

簡単にスピーディーにお金を借りる方法としてカードローンがあります。カードローンは借金ですか、金利は延滞金よりもはるかに低いです。

現在ですと10万円借りても毎月の利子は1000円ぐらいです。さらに30日間利息ゼロでお金を借りられるカードローンもあります。

毎月1000円の利子を払うだけで、住民税の滞納による差し押さえを避けられたり、滞納をしていた分を払うことで延滞金を支払うことを回避することが出来ます。

決して借金することを奨励はしませんが、結果的に得をするのであればカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。